脱毛後のヒリヒリ感

医療機関のレーザー脱毛やエステサロンのフラッシュ脱毛では熱を使って毛根にダメージを与えるので、肌も刺激を受けて施術後に赤みやヒリヒリ感が出ることがあります。一般的に軽度であれば問題ありません。冷蔵庫に入っている保冷剤をヒリヒリする部分に当てると熱を持った部分のクールダウンができます。全身脱毛などで広範囲にヒリヒリした感じがある時には、大きめのタオルを濡らして体にかけます。

 

タオルは体温ですぐにぬるくなるので、こまめに濡らし直すのが良いです。また乾燥肌の人は脱毛後にヒリヒリしやすいです。これは肌が乾燥しているとバリア機能が低下して、熱のダメージを他の人より強く受けるためです。乾燥している部分は施術の前後でしっかり保湿することが大切です。ミント系のローションは清涼感がありますが、アルコールなど刺激の強い成分が入っていることがあるので、ヒリヒリしている時は使わないようにします。

 

ヒアルロン酸やセラミドなど顔にも使える保湿剤を塗ると、水分の蒸発を防げます。施術で熱を与える時に肌の水分が奪われるので、ヒリヒリする前にケアするのが基本です。多くの人がクールダウンと保湿をすれば1晩で症状を改善することができます。もし翌日になっても変わらない場合は、施術を受けたクリニックや皮膚科に行って専用の軟膏を処方してもらいます。症状が改善するまでの時間が長くなっている場合も、乾燥が進んでいるので医療機関に相談すると良いです。