脱毛と日焼け

脱毛を始めたいと考えたら、注意しておきたいのが、紫外線です。現在の施術は、毛の中のメラニン色素に吸収されるレーザーや光を使って行う方法が主流になっています。吸収された光やレーザーは毛根を発熱させ、毛乳頭や毛母細胞に刺激を与え、毛が再生しにくい状態を作っていきます。このメラニン色素というのは、毛の中だけでなく、肌にも存在します。

 

通常の肌であれば問題はない程度なのですが、日焼けをすると、肌の中にとても多くのメラニン色素が存在する状態になってしまいます。毛の中だけでなく、肌にもメラニン色素が多く含まれた状態になると、レーザーや光を照射した時、毛だけでなく、肌にもそのレーザーや光が吸収され、火傷等の肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。その為、脱毛を始めたいと考えたら、日焼けをしないように、紫外線対策をしておく事が重要になってきます。多くの人が脱毛を始めたいと考える季節といえば、春先です。肌の露出が多くなる季節に向けて、自己処理の必要のない肌を手に入れたい、ムダ毛が生えてこない綺麗な肌を手に入れたいと考える人が増える事になります。

 

ただ、春先から夏にかけては、特に紫外線が多い時期です。日常的に紫外線対策をしているという人も多いでしょう。ですが、部位によっては対策を忘れがちになってしまうという事も珍しくありません。脱毛をしたいと考えた時に、肌の状態を確認して、日焼けをしているようであれば、夏に向けての施術を考えるのではなく、日焼けが落ち着く秋以降の施術を考える方が、安全に脱毛をしていく事が出来ます。サロンでも、肌が日焼けをしてると、施術をしないというところが殆どです。ただ、脱毛サロンの場合、メラニン色素に働きかけるのではなく、毛が生えてくる事を抑えるジェルを塗りそのジェルに働きかける施術を行っているサロンもあります。この場合は、日焼けをしていても施術が可能になります。ですから、施術を受けたいと考えたら、サロンの脱毛の仕方を確認しておく事も大切です。